ALASKA Report ## ◆The Day First ・・・・Fishing T

 

7時ころ。
下階からの女性の声と、朝食の準備の音で、目が覚めた。

シャワーを浴びに下階へ。

朝食の用意をしていたのは レベッカ とエリザベス。

ジョシューの妹さんたち。

「Good morning・・・」
「Good morning, I wokeup by beautiful voices・・・・」

かなんか言って朝の挨拶。 (*^_^*)

 

シャワーを浴び、着替えをしていると、だんだんと皆起きてきた。

少し、庭を散歩。ロッジ。

   

あとアラスカンマラミュートたち!!!すっげぇキャワイイ!!!!



 



朝食。

ベーコンとアツアツのスクランブルエッグ。
フルーツヨーグルト・・。
トーストはバターが溶け込んで、ジューシーでウマい。 (*^_^*)

腹ごしらえをし、さて、準備!!!!


コンタクト、ウエア、ウエーダー、タックル・・・

全てよし!!

タックルをバンに積み、発進!!!!

---------------------------------------


着いたポイントは、ロッジから約45分のKlutina River。

ここから、ジェットボートでポイントへ向かう。 \(◎o◎)/!

ボートにはガイド合わせ6人しか乗れないので、二組に分かれる。

自分は後発組とし、先発隊出発の後20分ほど待機。


   

後発隊の発進である。
オーナーのジョシューが激流をブっとばす!!!\(◎o◎)/!

 


原生林の中を轟々と流れる河に逆らい、ブっとばしていくのは、大迫力!!。

その中で平然としている犬・・・・カーリー
人懐っこく、常に人の眼を見て、指示を仰ごうとしている・・・
賢さ満載なのだ。
 


先発隊のポイントを過ぎ10分程走った、ヨドみと瀬の合わさったポイントに到着。。
後々このポイントを「岩のポイント」と呼ぶことになる。

ボート着岸。

基地に荷物を下し、さて準備・・・というところで、ガイドのゲイブが、ボクの
FGのっとを、無言で切断!!!

「これ作るのどれくらいかかったの? 専用のリグに替えるからね。」

とガイドが用意してあったリグに替えてしまった。            \(◎o◎)/!
しかし、ある程度予想をしていた。
船宿の仕掛けがイチバン釣れる、郷に入らば郷に従え・・である。

リグの準備ができ、ガイドのジョシューが釣り方を伝授。
キャストポイント、リトリーブの仕方。
1、2回見本で、その後やってみる。
底の石を感じつつ、違和感があったら「SET!」するのだ。
「Good!」
ということでここで Start Fishing!!!」

 



-----------------------------------------------------

キングとの出会いはほどなく訪れた。

ジョシューに教えてもらった通り、アタックし始め、僅か5投目である。

エンドまで流し、回収しようと最後のアワセをクれようと思ったらイキナリ、石とはちがう感触。
「これか?!」と思い アワせた!
と同時に、強力な魚信、とドラグが鳴った!!!!!!!

ヒキがスゴイ!!\(◎o◎)/!

臼井さん「おおおおおお!キたぁ!!!」

 

始めてスグのできごとで、コッチはなにがなんやらわからないが確かに、ラインの先にいる!!

と流真の波立つところで、赤い巨魚が見えた! 

「デカい!!!!!」

スゴイパワーで、逃げる・・・・!!!!

とそこで、プンッ・・・とンバれてしまった・・・。 \(゜ロ\)(/ロ゜)/ 

あぁぁぁぁぁあああああぁぁぁぁ!!!!

僅か十数秒のことだったと思う・・・これがキングとの初めての出会い・・・

リグ、フックには異常はなく、ヌけたカンジ・・。


キャストリトリーブはOK。
ファイトは ロッドをサイドに寝せてファイトするんだそうだ。
竿を立てると、キングは潜ろうとして、潜れないとわかると、余計暴れる。
サイドで水面に着けるくらいでロッド横にしてファイトするんだそうだ。
普段の釣りでは「竿立てる」ことが週間づいているので、ちょっとムずかしい。


気を取り直して、キャスト・・・開始・・。だが、まだ手は震えている・・。

----------------------------------------


ファーストヒットは得たが、モノにしないと何もならない。

サカナはイルことがわかったので、気分をムリヤリ落ち着かせ、キャスト。
アタリをとる。
とにかく違和感があったらアワせる!
「底の岩=キング だと思え!」
By ジョシュー。

そのとおり、流れに任せ違和感があったら即アワセを繰り返して約10分。。。。
アワセをくれたとたん、ラインが上流に走り始めた!!(@O@)

ノッた!!!

アワセを2回。
完全にブッキング!!
ファイトの始まり!!

ロッドを倒し、耐える!!!
流しん部で赤いギョタイが
引きずり込まれそうになるところをジョシューが支える。

   


やがてドラグが鳴り出し、とまらなくなった。

激流に乗り、下り始める!!!

ラインが30m、40mと出されていく!!

ジョシューがロッドを預かり、係留しているボートを回り込み
ボクはその裏へダッシュ!

ロッドを持ち換え、再度ファイト!!

出ていくラインの先。。。。

キングが跳ねた。。。

しかし、もう100Mは出されている。。。

とそこでブレイク!?!?!??!

ぬぁあああぁぁぁぁぁあああ!!!!

くやしぃ!!!!!!

1度ならず2度までも:。。。

this is fishing . Not catching......

切られたと思ったリグはそのまま。
フックアウトだった。

くやしぃぃぃぃ〜

気を取り直し、キャストに戻る。

しばらくすると、フライタックルで攻めていた影山さんにヒット!!

しかし、これもフックアウト!!!

なんと手強いキング!!

影山さんがなにやらゲット。。。
グレーリングだ!!!
 

羨ましい!!

釣ってみたい魚のひとつだ。。。

それから12:30の移動までに2回のフッキングをしたが
全て、ハズレ。。。。

--------------------------------------------------------------

それから場所を移動し、広い河原で、淀みに蕩々と流れ込むポイントに着岸。
よくみると、数匹ローリングしている!!
魚が溜まっている場所だ!!

通称『崖のポイント』

開始してこれもスグのことだった。

激流の流しん手前をリトリーブし、ラインが止まったところで合わせた!
と、また上流に走り始めた!!
ドラグがジージーと3、4回鳴ったところで反転する魚体!
とここでもブレイク。。。。
もう。。。
難しい。。

そして暫くして影山さんヒット!!
丁寧に、丁寧に!!!
流しんに逃げるところを押さえ込み、
ランディング!!!
約6分のファイト!!
ヤッター!!
今回の1尾目!!

メーター越え!!

写真に納めリリース!!
 


希望が沸いてくる!!

そして、芳賀沼さんも掛けた!!!

しかし50m走られ、ブレイク。。。。

くやしぃぃぃぃ


天気。。。晴れ。。。

眩しい横からの太陽。。

あぁ、アラスカだぁ。。。。!!

その後1尾フッキングしたのみで、アタリが遠のき移動。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次の場所は、『一番近い場所』

上流から、影山さん、芳賀沼さん、ボクの順で開始。

ラインに違和感があったところでアワセをくれた。。。。
んん?

なんかかかってる・!?

グレーリングだ!!!

やった! 釣りたかった魚だ!!

と・・・なんとここでカメラバッテリー切れ!!!

影山さんにお願いして写真に納めてもらった!!

ありがとうです!!


 

 



そして16:00 stop Fishing。

今日の釣りを終えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上陸ポイントまで戻り、少しまったり。

ボートをトレーラーに乗せるのもけっこう迫力があるが、ジョシューは慣れたもので
鮮やかに一発でキめてくれる。

バンに分乗し、ロッジへ帰還。

聞けば、先発の チームAでは滝沢さんが キングをゲットしたようだ。


タックルを干し、少し片付け。
 


ロッジから見えるマウントドラムが雪を湛え陽に映える。
 

19:30

晩飯は 車で10分程のCarriage Huse Restsurant.

 

ビールで乾杯。

ステーキ、12ozのやつ。。。

スゲー旨い!!!

 

21時 バンメシが終わりロッジへ戻る。

アラスカンマラミュート。やっぱしきゃわいい!
 

皆、それぞれ明日の準備。

今日の反省点を生かし、リグを組んだり、ハナシに花が咲く。

  


22:00 未だ明るい。


   

23:00まだ明るい。

明日は、6:00AM朝食。

それに備えて寝るべし!!







◆The Day Second Fishing U