ALASKA Report ## ◆The Day Fourth ・・・・Fishing W

   
   ワールドシャウラが折れ、ボクのPENN & MARIYA DeckStick を使い続けていた芳賀沼さんが、
   『このロッド 売ってください!』
   と切り出した。。。

   なんでも、コシの割りにはシナやかだそうで、気に入ったようで・・・

   これ、原価  X万x千円の シロモノ。
    弟のコネで購入して、共同使用していた。

   僕のモノではあるが、一存では売れない。

   ロッジの事務所で ネットの利用をさせてもらい、即連絡。

   『売ってもイイ?』

   『いいよ。』

   と、あっさり。
   この度、このロッドは、芳賀沼さんのところへ嫁にいきました。 $200で・・・・
   有効利用してくれると嬉しいです。
 
===================================================================

さて、最終日。 初日から『今日が何日か』ぜんぜんわかんねぇ。
とにかく最終日なのだよ。 後がないのだよ。         (;一_一)
3:00起床。
3:30メシ。 バンに乗り込み河へ。



と、ここで、ジョシューが
 『今日からまたレギュレーションが変わって、シングルフックのみになった!』
んだそうだ。。。。


昨日、手伝ってつくってもらったリグは使えない。(>_<)
チームAのポイント着が少し遅れて、我々チームBは 5:45 『岩のポイント』着。

=====================================


ここで、リグを組み直し、スタートフィッシング! 集中!!

ジョシューのアドバイス通り、キャスト、リトリーブ。

4投目・・・・ラインが止まった!
セット!!!!

かかった!! (◎-◎;)    (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~    >°))))彡
              (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~    >°))))彡

流心に反転!!
ロッドを横に!!  耐える!!  ドラグが出る!!
と・・・プ〜ん  と フックアウト!!   (ToT)

あぁぁぁ!!!! (ToT)/~~~


気を取り直し、キャスト開始。

2バイト目も、程無く来た!

しかしまたフックアウト・・・・・(;一_一) (ToT)/~~~

ちゃんとセットしてるのに・・・

そんな中、影山さんにかかった!


ジョシューがサポート!
流心に入られ、サカナが下る!!
ラインが出る!!!
200m!!!
ラインを出しきられ、ブレイク。。。。、

あぁぁ、  (◎-◎;)


この腕は・・蚊避け?



その後、影山さん、グレイリングを上げる。・・・が・・・。



芳賀沼さんがこれを焚き火で、焼くという・・・。。


サバこうとサカナを握りしめてサバく場所を探すBigMan。



塩もなく・・ただ、焼くのだ・・。

でもこれが少し、煙でイブされて、旨い。。 (^。^)y-.。o○

 

こんなことをしつつ、まったり、ここでは、3回のバイト・・・・。
すべてブレイクで終わった。  (ToT)/~~~

==================================

次、、、ちょっと狭いポイント
臼井さん、サッカイ爆釣。スレも多かったけど。




ここで影山さんが掛けた!

またまた、ラインを出される!!

ジョシューが『ボートに乗れ!』と、
ボートでキングを追いかける!!
200m下流・・・・キャッチしたみたい。

===========================================

そして11:00
最後の場所へ移動。

広い河の流心へキャストし、リトリーブ開始!!。

さぁ、最後だ!!



ここでも僅か数投で、バイト!!! SET!!! (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~    >°))))彡

流心で魚体が反転し、フックアウト  (◎-◎;)

なぜだ・・・・ (;一_一)

針先はOKなのに。

しばらくして、またバイト!!!

しかし、またフックアウト!!  \(゜ロ\)(/ロ゜)/ \(◎o◎)/!

あぁぁあ!!

ファイト & キャッチ まで至らず。

サカナは見えたのに・・・・難しい・・・難しすぎる・・・

stop fishing の 時間が近づいてくる・・・

サカナはいるのに・・・

そんな中、、影山さんが、また掛けた!!

ファイト 約10分。。。。。

見事ゲット!!

 


そして13:15 とうとう 時間。

チームAを送り届けた、ジョシューが迎えに来た。

結局最後のポイントでは 3回バイトがあったがキャッチまで至らず、・・・


横からの太陽に照らされた、河をウラメしく眺め、後片付け。

『リベンジしてやる・・・ぜったいに・・・』

このサカナたち・・KingSalmon・・・・

  
 

ジェットボートに乗り、ピックアップポイントまで下り、河から上がる。

ロッジ着。14:00。

ALASKAでのフィッシングを全て終え、これから帰り支度。

パンパンに張った肩のまま、心地よい風のなかタックルをしまい、荷造り。 



15:30 には用意が整い、集合!!

おっさん ばっかしやねぇ・・・。




16:00一同バンに乗り込む。

原生林の中、一本開いたハイウェイをひた走る。

来るときは真っ暗でなにも見えなかったが、遠くの山々から流れ出す氷河
を眺めつつのドライブ。
途中のビューポイントでは、イイ オッサンたちが ガキのように、ジャレ、写真を撮ったり。

パノラマにしてみる。


18:30
途中、『SAMURAI ANGLER』大野さん の大阪の家で、ホームステイしていた Zack が
グレンハイウエイ沿いでロッジでをやていて、再会するためにそこで休憩。
 
SHEEP MOUNTAIN LODGE。

きれいなログハウスが並び、山々が陽に映えロケーション最高の場所だ。
 


アイスクリームとコーヒーで休憩。



室内をみて回ると、サイクリングウエアがある・・・

なんでも ZACKの息子さんがロードをやってて、その関係でウエアを置いているんだそうだ。
『ALASKA』とロゴが入ったウエア。
息子のお土産にちょうどイイ!!
1着購入。
デカイムースの剥製があり、その前でみんなで記念撮影をしたあと、出発。
大野さん、名残惜しそう。

アンカあと2時間。

20:30
アンカレッジ手前でスポーツショップに寄り、ここで、お土産の購入を済ませ、
持ち帰り用の発泡ケースを購入したり、荷物詰め替えたり、
バンメシ食おうと思って寄ったところが、21:00過ぎてて、バンメシ食えなかったり、
で 22:45 やっとこアンカレッジ空港についた。

チェックインを済ませ、それまで、空港内でショッピング & バンメシ・・


24:05BordingTime。

24:45Takeoff。

==================================================

ロサンゼルスには現地時間の7:00着。

帰国の便のチェックインが始まるのが 8:00AM。

それまで『まったり』。

 




チェックイン、出国手続きを済ませ、搭乗口へ。

しかし。。。出発は11:45。

昨日からの 夜食&朝食&ビールで 現地時間の 朝っぱらから 宴 が始まった。

 

そして、酔いもホドホドに、搭乗。

ネムネム と、ムービー と、食事と、隣の大野さんとしゃべったりを繰り返し、気だるい中、成田まで。 11時間。


 

8月x日 定刻通り TouchDown。

搭乗口で、みんなと連れだってバゲッジクレームで、荷受け。

そして、ロッジでくれたSockeyeを分配。

宅配便のところで、ボクが少し手間取っている間に散会。

(ろくに挨拶もせず、みなさんすみませんでした。)

Sockeye は『マスター』のところと『F』のところに無事配送。

スカイアクセスに乗り、地元駅 19:20着。

・・・・・・


===============================================================

キング・・・・
あぁぁぁぁ、捕れなかった・・・・  (;一_一)

1尾のグレーリングも 、ホントはキープして剥製作りたかったが、初日に釣れたので
『あぁ、もっとデカイの釣ってからにしよう』と余裕カマしていたのもマズかった。。。

1日数回あった、明確なバイト、ファイトも、モノにできなかった。。
フィッシング的には、反省点ばかりだ・・・。            (;一_一)


ただ、フィッシングを通して、友人ができたことは非常に有意義だった。
そして、
 
  針葉樹の原生林
  Copper River、
  KlutinaRiver、
  Mt Drum・・・
  犬、 リス 、白頭鷲、 ムース。。。。
  川岸に打ち上げられているのは流木のみ・・。
  気のイイ ガイド くんたち。
  ジョシューの的確なアドバイス、ジェットボート
    Carrige House Restaurant のステーキ、おねぃさん



ホントは 『これが最後かも・・・・』と思っていたALASKA。

最終日の Stop Fishing後・・・・明らかに、心に誓った。


『また、絶対に来る! 来てやる! しかも近いうちだ!! 』

イキオイだけは いい・…(^。^)y-.。o○


最近、キングの遡上数が減り、レギュレーションが、日ごとに変わっていく。 厳しく。
4,5年周期で増減を繰り返すらしいが、ワールドレコードが出ているキナイリバーでは、
『釣り禁止!!』となっている状態。

どうか次回リベンジのためにも 『釣りができる環境であってほしい・・・』

切なる願いであるのだ。

こいつら。
 



◆ top