・2004年04月18日
 ヨシノボリが仲間入り。   水槽にヨシノボリが仲間入り。けっこうコミカル。


・2004年04月11日
 稚魚、親魚共に元気。   卵を産み始めた。また孵化!!


・2004年03月21日
 サケの子放流!!!。   とうとう旅立ちのとき・・・大きくなって帰ってこいよぉ!!


・2004年03月10日
 メダカ稚魚里子へ。   息子の友達のKくんがメダカがほしいそうだ。 ではもらっていただこう!!


・2004年03月07日
 ハヤ、フナ、どじょう 一部放流・・   だんだん春めいてきた。ハヤが大きくなり、メダカを追い回す・・・。 これはメダカぴんち。ハヤ放流するべ。


・2004年02月24日
 メダカ稚魚・・だんだん大きくなってきた。   メダカの稚魚は順調。 オス、メスの違いがわかるようにまでなってきた。


・2004年02月18日
 サケ・・成長止まったかい?。   息子によれば、学校行事のサケの放流は「とっくに終わった!」 とのこと・・・ま、このサイズじゃ・・。


・2004年02月10日
 子が!!!!。
  他魚との同居はまだ早かった・・・。(T_T)


・2004年02月07日
 平穏な水槽。
  今日の魚たち・・・。


・2004年01月29日
 サケぴ〜んち!。
  ちょっと目を放した隙に・・・。


・2004年01月23日
 サケ餌捕食目撃。
  サケはエサを食っていた。 ・・・ライズだ・・・・。


・2004年01月21日
 今日のメダカ。
  特に変わった事はない・・・・ 今日の様子。


・2004年01月19日
 サケはなんとか生きている
  餌を食っているのか・・・・?


・2004年01月15日
 メダカ元旦卵・・失敗・・
  元旦卵 失敗・・・カビが生えてしまった・・・ 発眼まではしたのに。水を長期間か得なかったからかも。 ボクのせいだ・・・反省、合掌。


・2004年01月14日
 サケの子、エサ到着
  サケの稚魚の餌を、息子がもらってきた。 与えて見る・・・。


・2004年01月13日
 サケの子、エサはまだか??
  サケの稚魚は腹が完全に閉じた。 これを確認し、水槽にジャリをひいてあげた。 そうそう・・・餌は? 確か学校で1月初旬に配るというハナシだったが・・・



・2004年01月12日
 メダカ稚魚育成用水槽設置。
  メダカ稚魚増えた・・・たくさん・・・今のプラケースでは 絶えられない。



・2004年01月08日
 サケの子元気。メダカ元旦卵、稚魚と共に元気。
  サケの子、イクラの痕は小さくなってきたが、まだ塞がらない。 元旦卵は目が目だって来た



・2004年01月04日
 メダカ卵採取。サケの子泳ぎが安定、イクラの痕は消えず。
  サケの子の泳ぎが完全に安定。水槽の隅を「遡上」しようとしている。 メダカも産卵担当交代。



・2004年01月01日
 サケの子、泳ぎが安定。メダカ元旦卵採取。
  サケの子の泳ぎがだいぶ安定している。少し定位できるようになったっぽい。 メダカは、2004元旦卵を採取。



・2003年12月31日
 サケの子、少し定位できるようになった?
  2003年も暮れようとしている大晦日。少し定位できるようになったっぽい。



・2003年12月29日

 サケの稚魚・・体色の黒さ、と、おなかの銀色がいっそう濃くなってきた。
  イクラの部分が腹に取り込まれるようなカタチで、小さくなってきた。 しかし、まだふら〜 っと横を向いてしまう・・・自力で定位できるようになりなさい・・・


・2003年12月27日
 イクラの部分が銀色っぽく
  イクラの部分が銀色っぽくなって「魚の腹」の色に近くなってきた。 依然、泳ぎを止めると、横をむいてしまう・・・いいかげんアドバイスしてあげたい・・・ もう、クッションはないんだから泳ぎなさい・・・って。



・2003年12月24日
 サケの稚魚・・横向き・・メダカも増えてるゾ。
  イクラの部分がだいぶ細長くなってきた。 依然、泳ぎを止めると、横をむいてしまう・・・ メダカはメダカで順調に、というか過密気味・・



・2003年12月21日
 サケの稚魚
  体の色・・・特に背中部分が黒みを帯びてきた。 と・・ここで少し異変。


・2003年12月19日
 サケの稚魚
  だいぶ眼の部分がはっきりしてきた。



・2003年12月16日
 サケの稚魚
   この鮭・・イクラシラス・・・ けっこう動きがコミカル。 少し遠めで見ると、ビンクの物体が、ヒラヒラと水槽を泳ぎ回っていて 一見サケの稚魚とはわからない。



・2003年12月13日
 サケの稚魚
   サケのコドモ・・・ ん〜水槽の水温が高い・・・どうしたものか・・・



・2003年12月11日
 サケの稚魚!!!!
   息子が学校から「サケの卵」をもらってきた。 「発眼卵か?」と思っていたら、もう孵化していて、ひらべったいイクラに シラスが乗っているようなカンジで、それが、いっちょまえに泳ぐのだ。 ここはひとまず観察。メダカのコーナーだが・・・載せてしまおう。



・2003年12月10日
 メダカの撮影
   メダカの撮影には苦労する。稚魚はちっちゃすぎるし、 親はじっとしていない。図鑑の写真はどうやって撮っているのだろう。。



・2003年12月09日
 うううう・・
   稚魚が食われた!!!



・2003年12月06日
 Tさんちへ里子に
   Tさんちで「新巻鮭」をおろしてほしいと頼まれ、出刃を持参で訪問。 ついでにメダカ稚魚15,6尾、里子に出した。 元気でそだってくれい!



・2003年11月29日
 卵が・・
   酒を飲みながらメダカ観察に興じる。ツマミは「イカ黄金」・・・。 これって・・・。



・2003年11月25日
 卵たくさん!!稚魚たくさん!!
   このところ毎日15〜20の採卵。稚魚が5,6尾くらい づつ増えている。



・2003年11月21日
 卵を顕微鏡で見て見た!!
   ムスメが「メダカの卵、顕微鏡で見たい〜」というので、 見て見た。



・2003年11月19日
 産まれてる!!
   このところ毎日、産卵用の水槽の底をさらうと、卵が10個 くらいずつ採取できる。卵用のケースをよ〜く見ると・・・ 産まれてる!一匹! −: こんなの。体長約1.5mm。



・2003年11月16日
 産卵用水槽設置!!
   このところ、毎日薬浴中のメダカが卵を産む・・ 他のメダカも産むと思われるので、産卵用水槽設置!


・2003年11月13日
 卵また発見!!!
   薬浴用の水槽には翌日も卵が6個。


・2003年11月12日
 卵発見!!!
   薬浴中のメダカの口から、なんか糸が出ていて、その先に。。。卵が!! きっと、卵が落ちて、底のエサをつついてるのと同時に口に絡み付いたんだろな。 ちょうどこの句読点くらい。。。。。。。。。くわれちゃたまらん!いそいで別の容器へ。



・2003年11月10日
 入退院・・・1,2尾
   入院するメダカが平均5日くらいで1,2尾になってきた。  このまま病気がなくなればよいが・・。。



・2003年11月05日
 おいおい!
  ヒーターを入れてから、入院するメダカも減ってきた。  このへんで友人のメダカエピソードを紹介しよう。   お題:「わかったこと」   エピソードにも載せようとも思う・・ネタ!。



・2003年10月28日
 ヒーター導入!!
  あまり、水温が低いと、病気になりやすい・・・との情報を得ていた。 だいたい20℃をきるか、それ近くになると、白点病や水カビが繁殖 するらしい。温度計は数週間前に設置して、朝夜と、温水を注入していたが だんだん間に合わなくなってきた。気が付くと、20℃くらいになっている。 これはいかん! エサの購入とあわせてヒーター導入。これで病気が減るか・・?



・2003年10月27日
 ヒレ復活!!
  ヒレが欠けていたメダカ、カマツカの、再生を確認!! よかったよかった。



・2003年10月20日
 メダカの入、退院・・
  ん?ヒレが欠けている。



・2003年10月11日
 薬浴中のメダカ退院!!!
  入院していたメダカ・・・ヒレのカビがなくなった!!めでたく退院!!
ん・・?他にも病気のがいる!!・・またまた3尾入院・・。



・2003年10月11日
 仲間が増えた!
  カマツカ、ハヤ・・・・・共存できるか?


・2003年10月05日
 病気のがいる!
  薬浴してみる・・


・2003年10月01日
 ちっちゃいタニシがいる・・
  子が産まれた?!?!


・2003年9月30日
 なんか大きくなってきた・・。
  エサが豊富・・・・??


・2003年9月23日
 メダカもいいが・・・
  メダカは体長約1cm。ヒラヒラしていてかわいい・・・。 さかんにクチボソが同類を追い回している。(少しにくたらしい・・)


・2003年9月14日
 メダカげっちゅ!
  これがそもそもの始まりである。 軽井沢の田んぼでフナとトジョウを採り、水槽で飼い始めた。 「なんかサビしい・・」 そこで近所の小川で「クチボソでも・・」と小魚を7,8尾採り、水槽に放した。 すると・・「メダカが混ざっている」のだ。みてみると、きゃわいい!  翌日メダカを十尾ほど追加。そこから、メダカの飼育が始まる・・・。