2003/11/05
最近、薬浴水槽に入院するメダカも減ってきた。

このへんで友人からのネタを紹介しよう。
彼は今グッピーを買っている。
その前はメダカだった。そのメダカにまつわるエピソードです。


 −: −: −: −: −: −: −: −: −: −: −: −:
   「わかったこと」
 −: −: −: −: −: −: −: −: −: −: −: −:

日々メダカを観察していた・・・。ず〜っと観ているとやはり飽きない。
めんどうを見ていて、エサをあげたあとの仕草を観察するのも、またよい。

耳をほじりながら 「さてエサでも・・」
と思い,エサのカップを取ろうとしたとき、彼の小指には
「ミミクソ」が・・・

・・ここでふと思った・・
「これ食うかな・・?」と・・・
そしてカワイイメダカに罪悪感を感じつつ水面にパラりっとミミクソを落とした。
「食った!」のだ・・。

水面に浮かぶそれをパクパク・・・

じゃぁ、この小指の「あま皮」はどうか・・・
「食った!」
これで、こいつと僕は一身胴体!!!


少し複雑・・・

彼の実験は少しエスカレートする・・・

「フケ・・食うかな・・?」

軽く水槽の上で、頭をカキカキ・・・

水面に浮かぶフケに向かって ライズする!!
「食った・・」
彼の人体(魚体)実験は、また新たなネタを模索・・・・。

「目クソ・・食うかな・・?」
「食った・・・」


そして、彼はとうとう最終兵器に手を出す・・・。
これをやらないと、実験は収束しないのだ!!!!


「ハナクソ・・食うかな・・?」
・・・

そして直径約1mmのものを2粒ほどスタンバイ。
意を決して「投下!」

・・・ここで彼は新たな事実を発見する!。

「ハナクソは浮かぶものと、沈むものがある。」



・・・平和である・・・