2003/12/11



12/11 息子が学校から「サケの卵」をもらってきた。
「発眼卵か?」と思っていたら、もう孵化していて、ひらべったいイクラに
シラスが乗っているようなカンジで、それが、いっちょまえに泳ぐのだ。

なんでも学校で、希望者に配って、2月の下旬だかに「荒川」に放流するのだ
そうだ。
丁寧に育て方のプリントがついてきた。
ポイントは

・水温は13〜15℃くらいが適温。
・16、17℃くらいだと大きく良く育つ。
・エアは必要ないが、1日に一回は水をかき回して酸素を送る。
・水は、カルキ抜きを入れたものや、置き水そしたものを、2,3日にいっぺん
 1/3程度ずつ入れ替える。
・エサは”おなかのピンクの部分”が栄養なので暫く与えなくてもへいき。
・1月くらいにエサを食べるようになる。エサはまた学校から別途支給。

だそうだ。
ん〜・・・・
うちの水槽は 産卵水槽が26℃・・・
観賞用の水槽が20℃・・・・
適温の水槽がない。しかも室温が18℃〜21℃とけっこう暖かい。
とりあえず、ビンに移し「観賞用」の水槽につけ、なるべく温度差がない状態を
つくることにした。